口の中のドクター

子どもから大人までお世話になる歯医者さん。
その多くは「歯科」ですが、たまに「歯科口腔外科」と標榜している歯医者さんもあります。これって、ただの歯科とどう違うのでしょう?

「口腔」は、口の中を意味します。口腔外科は、口の中と顎、顔面などの病気を診てくれるところです。
歯は、言うまでもなく口の中にありますから、歯科とかぶりそうなものですね。でも、簡単な虫歯治療などは歯科の領域です。
口腔外科は「外科」なので、同じ口の中の疾患でも、患部を切開する、縫合する、などの処置が必要な疾患を扱うのです。

外科の一分野であり、歯科の一分野でもあります。
外国では、「医師」と「歯科医師」の2つの免許を持っていなければいけないところもありますが、日本では、どちらかの免許があれば良いということになっています。それも、「医師」より「歯科医師」から口腔外科を選択する人が多いので、「自分は口腔外科医だから虫歯は診れない」ということはほとんどないでしょう。

逆はあります。例えば親知らずの虫歯で歯科にかかり、抜きましょう!となったとして、その親知らずがちょっと変な方向に生えていて、普通に抜くのは難しい、というような場合、歯科だけでは対応できません。その歯医者さんが歯科のみの診療の場合は、総合病院や大学病院などの口腔外科を紹介され、外科的な抜歯をすることになります。

今、親知らずの虫歯の例を出しましたが、「親知らずの抜歯」は、口腔外科の世界では最も多く行われている手術、と言われています。こうやって見ていくと、案外身近な診療科な気がしてきましたね。

オススメリンク

親知らずを抜歯するなら「親知らず専門外来」
インプラントが上手い所なら「きぬた歯科」

archive
category
  • カテゴリーなし